レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 


商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

水素吸入器、ファインバブル水素風呂、レジオネラ対策ならレジオテック»  ブログ記事一覧»  レジオネラ菌対策»  感染症は予防できる! 豪雨被災地の避難所・ボランティア活動でしてはいけないこと

感染症は予防できる! 豪雨被災地の避難所・ボランティア活動でしてはいけないこと

感染症は予防できる! 豪雨被災地の避難所・ボランティア活動でしてはいけないこと

西日本を中心に襲った記録的な豪雨。
町中が濁流に飲み込まれた岡山県倉敷市真備町など、各地で土砂災害や浸水被害が相次いだ。
避難所では、物資の供給とあわせて猛暑の中での体調管理が課題となっているという。

復旧作業が本格化しつつある中、日本環境感染学会は、被災者や被災地で活動するボランティアに対して感染症への注意を呼び掛けている。
水害現場で起こりやすい感染症とはどのようなものなのか? それらの感染症から身を守るための効果的な予防策とは?
日本環境感染学会リスクコミュニケーション委員会の中島一敏さんに聞いた。

 

「感染源、感染経路、人の抵抗力低下」

ーー水害時に感染症リスクが高まる理由は?

洪水や津波などの災害では、発災時に土壌や環境水を吸い込むことで起こるレジオネラ症(肺炎や発熱を発症)や、環境水との接触によって起こるレプトスピラ症(急性の熱性疾患)が発生しやすくなります。
感染症の発生には、感染源、感染経路、人の抵抗力・免疫といった3つの要素が必要となります。
生活環境が汚染されると感染源の分布が変わりますし、溺れることによるレジオネラ菌の吸入は、災害に特徴的な感染経路といえるでしょう。
不十分な栄養状態、避難生活による心身のストレスなどにより抵抗力の低下も背景の一つとなります。
レジオネラ対策消毒剤 モルキラーMZ

2018-07-13 13:21:11

レジオネラ菌対策   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント