レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

レジオネラ菌検査キッド でモニタリング!!

万一の事故を未然に防止します。 英国アルバガイア製(18ヶ月有効)

現場で即時(40分)陰性か陽性か判定できます、日本初の新しい検査キッドです。
現場で40分で陰性か陽性か判定できるレジオネラ菌検査キッド
英国 アルバガイア ホームページ
https://hydrosense-legionella.com/product/single-legionella-test-kit/
 
検査手順の動画  https://youtu.be/FrtwmfAC3Wo

ハイドロセンス
市場に存在する最も重要な分析方法の長所と短所を比較した比較表を参照してください。
 
 
Hydrosense
 
PCR
 
ラボテスト
 
危険なレジオネラ菌株への感度
 

 

 
普通~高
 
測定対象
 
レジオネラ・ニューモフィラ1群
 
DNA
 
コロニー(塊)形成ユニット
 
結果の確度
 
80-90%
 
80-90%
 
10-60%
 
測定対象はレジオネラ菌以外も検出するか?
 
Yes
 
No
 
No
 
レジオネラ菌を最もリスクの高い段階で検知するか?
 
Yes
 
Yes
 
No
 
熟練を必要とするか
 
No
 
Yes
 
Yes
 
現場での即時結果判定
 
Yes
 
No
 
No
 
テストに要する時間
 
25分(direct testの場合)
又は40分(syringeテストの場合)
 
3日(運送手段による)
 
2週間
 

 性能

 10CFU/100m以上陽性判定

 50CFU/100m以上陽性判定

 
 

レジオネラ菌検査手順他
Hydrosense- Single Legionella Field Test
ハイドロセンス シングル レジオネラ フィールド キット
------------------------------
指示書
本品は、検査水中でのレジオネラ・ニューモフィラ1群の10CFU/100mlを超えた存在を短時間のうちに検出する装置です。
以下のようにほぼ全ての検体に適用します。
  • 家庭用、業務用の水施設
  • クーリングタワー等の工業用水施設
 
概略
本テストは広い範囲の水施設に含まれるレジオネラ・ニューモフィラ・セログループ1群を検出するものです。本検査は側方流動免疫クロマトグラフィー分析方式(Lateral Flow Immunochromatagraphic Assay - LFICA)を使ったものです。
 
本品は以下のものを梱包しております。
  • LFICA検査片本体
  • ファイバーフィルター(ろ過器)
  • 回収装置付き吸入器
  • 検査水採取容器
  • 60ml吸入器
 

 
  • 10CFU/100ml以上のレジオネラ・ニューモフィラ1群の存在する検体に対し98%の確率で陽性反応します。本品は250mlの検査水からろ過された検体に対し反応するもので、それ以下の量の検査水から抽出された検体に対しては正確に反応しない恐れがあります。
 
 
  • 10℃―40℃の範囲で有効です。ろ過過程は10分以下で行ってください。ろ過に10分以上要した場合結果に影響を与える恐れがあります。ろ過に10分以上要する場合は水質管理に問題がある可能性があります。
手順1 採水及びろ過
  • 15分ほど水を流す。
  • 250ml以上の試験水を採取する。包装の中から60ml吸入器を取り出し、50-60mlの試験水を吸入する。ファイバーフィルターを取り出し、luerlock側を吸入器に取り付ける(ビデオ参照)。吸入器を押してフィルターから試験水を排出する。続けて試験水を再度吸入し、同じフィルターで同じ作業を行う。この作業を採取した試験水が無くなるまで行う。
 
  • 2 菌の採取
  •  
  1. フィルターの排出口を上に向け(ここはビデオでは上向き、説明書では下向きになっている。要確認)、小型吸入器のハンドルを0.5mlマークまで引き、再び0まで押し込む。
  2. この作業を2回続ける(計3回)。
  3. 吸入器を上向きにし、0.1mlマークまでハンドルを引き、吸入器からフィルターを外す。
  4. これにより、吸入器に採取された試験水には回収された菌が含まれる。
 
手順3 試水の試験片への注水
試験片を包装から取り出し水平な平面上に置く。包装紙が開けられて60分以上経過試験片は使用しないこと。試験片の採取口に吸入器から試水を、注意して注入する。その後、菌の培養のため試験片をそのまま25分間放置する(時間を必ず計測する)。
 
手順4 結果の判定
25分間放置後、試験片を十分な照明のもと観察する。観察は試水注入後45分以内に行い、もしそれ以上経過した場合には試験片を破棄する。
結果は試験片の横長の窓に表示される。
  • 表示窓に2本のピンク線が表示されたら(注入口側の線は薄ピンクのことがある)、プラス反応(菌が存在)。
  • 表示窓の注入口より離れたところに1本のピンク線が表示されたら、マイナス反応(菌が不在)。
プラス結果
プラスの結果が表示された場合は除菌専門家の指示に従うこと。
プラス結果はレジオネラ・ニューモフィラ・セログループ1群が基準以上に存することを示す。
マイナス結果
マイナス結果はレジオネラ・ニューモフィラ・セログループ1群が検知されなかったこと、そして同菌の密集度は基準以下であったことを示す。

ご購入ページはこちら

ご購入窓口

ご挨拶

モルキラーMZでの配管洗浄と日常管理に。

近年、新聞等で、レジオネラ属菌による感染事例が多く報告されています。

温泉や循環式浴槽水、家庭用24時間風呂、プール水、冷却塔水、加湿器、噴水などから発生する

エアロゾルが感染源とされています。

感染事故は、施設側の責任が問われますので、 徹底した衛生管理には自主検査を含め

定期的検査をお勧めします。

レジオネラ属菌は、土壌や河川、湖沼などの自然界に広く生息するグラム陰性の桿菌であり、
菌体の一端に1本の鞭毛があります。 

一般に20~50℃で繁殖し、36℃前後で最もよく増殖します。 

また、アメーバなどの原生動物の体内で増殖するため、これらの生物が生息する生物膜
(バイオフィルム)内部に保護された生育環境となっています。

循環式浴槽や空調用冷却塔、給湯設備、加湿器などの中で増殖すると細かい水の粒子である
エアロゾルによって周囲に飛散します。

このエアロゾルを吸い込むことによってレジオネラ症を発症します。特に、高齢者や幼児が感染
しやすいことが知られています。

レジオネラ症は、重症化するとレジオネラ肺炎になり、高熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛などの
症状が現れます。

感染防止には、感染経路となる設備の管理が重要です。
定期的なレジオネラ菌検査によって汚染状態を把握し、万一検査によって陽性と判明した際は、

消毒剤「モルキラーMZ」等による配管洗浄、消毒処理を実施し、循環ろ過装置、消毒装置の
改善などの処置をとります。
 
モルキラーMZの購入窓口

 

スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来店をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

レジオネラ菌に関するご不安を抱えてらっしゃる皆様が、安心して気軽にご相談を受けられるようスタッフ一同笑顔でお待ちしております。
レジオネラ菌に関する不安があれば気軽に相談ください。

ご購入窓口
フリー1